地震に強い免震住宅

 現在一般的に普及している「耐震」建物が、地震の力を受けてもそれ以上の強度と粘りで抵抗するのに対して、「免震」建物は、地震による激しい揺れを、ある装置を用いて吸収し、ゆっくり揺らせることによって地震の被害から免れるという、考え方の違いがあります。
 そして、この「免震」が何より有意義なのは、大地震でも建物の被害をほとんど受けることがなく、激しい揺れをやわらげてゆっくりと揺れるため、収容物(家具、什器など)の転倒落下などによる被害を防ぎ、建物の中にいる人や物をやさしく守ることができるということです。また、サッシやドアなどの二次部材の変形、水道配管・電気配線などの設備の破損も抑えることができます。
免震化には装置をはじめ様々な費用がかかります。しかし、免震は地震時の被害に対する安全性の向上や、地震に対する恐怖感がなくなること、地震後の補修費が不要になることを考えるとライフサイクルコストは小さくなると言われています。

一般構造な耐震構造
免震構造の建物
・建物が揺れても崩壊しないように、建物全体の強度を高めます。
・免震装置は地震の揺れを建物に伝えないようにします。(地震動を1/3〜1/5に低減)
非免震住宅
免震住宅
・家具・什器の転倒や落下の 危険があります。
・サッシ・配管の破損や変形の被害を受けます。
・家具の転倒を防ぎ、家族の安全や 家財を守ることができます。
・体感する揺れが小さく、不安感や 恐怖心をやわらげます。
パトス建築設計室で設計した
I 邸では、左図に示したオイレス社の・「免震装置」を採用しております。
この免震装置は、建築物の重量に関わらず周期の設定ができるため、住宅などの軽荷重の建物でも高い免震効果を発揮します。
装置の構造がシンプルで施工性に優れコンパクトな形状が免震層の省スペースを実現します。
        
head@patos-ar.com
(株)パトス建築設計室
TEL 058-233-3665
mail
免震住宅に興味をお持ちのかたは、お気軽に当事務所までご相談ください。